~昨年7月中旬頃~
いかに能天気に考えていても、さすがに一か月以上経って作品が売れないのは焦ります。

作品製作に追われ、完成して登録するだけでは全く反応がありません。
Creemaはアクセス解析がないのですが、minneアクセス解析を見ると、作品登録した日はアクセス数が3~5人。
次の日からは1~2人で、次の作品登録までこんな状態が続きます。

minne
Creemaからは、とにかく写真のクオリティーを上げろ、SNSやブログで宣伝しろとメールが来ます。
特にminneは写真に過大な要求が毎日来ます。
売り上げ上げるためには、とにかく目立つこと、そのためにはとにかく写真を綺麗にと、プロ並みの作品を要求されます。
あまりに写真の技術を要求されるので、「自分はハンドメイド作家であり、作品の技術を要求されるのは理解できるが、写真の技術を要求されても無理だろ」と反発心が出てしまいました。

有名
ハンドメイド販売先に登録しても、アクセス数が毎日1~2人では売れるはずもなく、写真の技術も無く、SNSやブログもやっていないとなれば、販売先を増やすしかないなと。
そこで新たな販売先として選んだのが、ヤフオクメルカリ。
実はこの選択は大正解!
初のハンドメイド作品が売れました

~昨年7月下旬頃~
ヤフオクメルカリに登録して3日目にヤフオクで初の作品が売れました。
さすが超有名販売サイト。アクセス数はminneの10倍以上あり、これならと思いましたが、まさかこんなにすぐ売れるとは、思いませんでした。

売れた作品「製本用手機械 プレス機」
DSCF9691-tilet
一般的な作品ではないのですが、メーカー品ですと10万円ほどするので半額以下で出品。
「製本用手機械 プレス機」は昨年ヤフオクメルカリ安定的に売れてくれました。

といっても特殊な作品だけに、販売数は月に1台か2台。
材料代、販売手数料を差し引くと利益はわずか。とても作家として生活できません。

何とか一般向けの家具やインテリア商品を安定的に販売しなければと、キッチンラックやシェルフなどを製作して登録するのですが、相変わらずの無反応。
手機械は売れても一般向けの作品が売れず、どうしたらよいのか分からず悩んでいる時に

衝撃的なことが起こりました!!

次回へつづく