ハンドメイド作家として生きていく決心をしました。
鉄と木を使った作品を製作しています。

材料を購入するとき、節が気になりますよね。
作品をアンティーク調に仕上げる場合、節そのものは良いアクセントになり気にはならないのですが、気を付けなければならないのが、死節・抜け節です。

死節・抜け節とは、節部分が乾燥により収縮してしまい、ぐらぐらしていたり、指で押すと抜けてしまう節のことです。

死節・抜け節の処理方法はいろいろあるのですが、一般的に
・パテ埋め
・埋め木
だと思います。
しかしパテ埋めは、乾燥時間が長く、大きな穴は痩せがおこり、2度3度と処理しなければなりません。埋め木は技術的に難しいです。

そこで誰にも簡単で、見た目も良く、短時間で出来、強度もあるという方法を紹介します。

それはフローリング補修リペアキットを使うという方法です。

DSCF9929
比較のために、右の抜け節を木工用パテ。
DSCF9935
左の抜け節をリペアキットで処理してみます。
DSCF9937
パテの方は説明するまでもないので省略しますが、リペアキットの方は穴が小さければそのまま樹脂を溶かし入れても良いのですが、樹脂が勿体ないので、嵩増しの丸棒を入れます。
DSCF9938
グラグラで隙間があっても大丈夫です。
今回はたまたまサイズが合いました。

DSCF9939
木が出っ張らないようにカット。出てしまったらサンドペーパー処理してください。

DSCF9940

コテで溶かした樹脂を流し入れます。
今回2種類の樹脂を使ってますが、1種類で構いません。
2種類の樹脂を使う場合、混ぜないで適当に流し入れます。

DSCF9941
ヘラで余分な樹脂をそぎ落とし、サンドペーパーかけて終了。

DSCF9946
パテの方は乾燥後ステイン剤も塗れるとありますが、実際塗ると
DSCF9947

パテの方は比較のため、短時間で仕上げたため、穴の周りが割れてしまいました。
以前、パテで2日間掛けて綺麗に処理したのに、ステイン剤(着色剤)塗った途端、写真のようにパテが浮き出てしまい、材料として使うのを断念したことがあります。

リペアキットの方は、違和感ありません。暗い色の樹脂を使えば、真ん中の節の色と同じようになります。
フローリングのように、調色する必要が無く(暗い樹脂を使うだけ)、はみ出た樹脂を綺麗にふき取りしなくても、サンドペーパーをかけてしまえば良いだけです。

硬化はコテを離せば一瞬ですし、フローリングに使える強度、床暖房にも対応ですので、そこそこ熱にも強い。技術も時間も要らないので、ぜひお試しください。

自分の使っているリペアキットは、「ハウスボックス キズなおしま専科」です。Amazonで安く売ってます。

minneアクセス解析
Screenshot_20190113-224032

安定の低アクセス数です。

1月12日
minne  お気に入り登録1 販売0

Creema お気に入り登録0 販売0  

ヤフオク 
お気に入り登録1 販売0

メルカリ 
お気に入り登録0 販売0

ハンドメイド作家が、なぜ本の復活を記事にするの?
と疑問を持った方も多いはず。
実は妻が古本屋をやっており、「手機械」も数年前に、本の修復のために製作したのが始まりです。
今も本の修復は自分の担当なので、長年試行錯誤したノウハウを持っています。

今回は濡れた本を元に戻す方法です。

本を仕入れると、必ずあるのが濡れ本。ページが波打っていて、販売する訳にはいきません。
裏技としてよくあるのが冷凍するですが、濡れた直後なら多少ましですが、乾燥して波打った本には、全く効果がありません。

実験
濡れて乾燥し、波打った本

DSCF9894

DSCF9896
このまま冷凍しても意味無いので、霧吹きで水分を含ませ濡れた直後の状態に。

DSCF9897
余分な水分はティッシュで拭きとります。
そしてビニール袋に入れ、封をしないで冷凍庫に。

DSCF9901
48時間後取り出すと
DSCF9906
DSCF9907
ほとんど効果の無いことが分かります。
DSCF9908
48時間経っても、まだ乾燥しきれず、濡れている部分もあります。

ここから本当の裏技です。

まず濡れて波打っている部分にアルコール(75%程度)をスプレーします。

DSCF9911
すぐにアイロン(高温度)をかけ、波打った皺を取ります。

DSCF9912
小さな皺は取れましたが、今度は反りが出てしまいます。
DSCF9913
ここで登場する「手機械」
アイロンかけて熱い状態のうちにセットします。

DSCF9914

DSCF9917
24時間後

DSCF9920

DSCF9922

DSCF9924

ほぼ問題無い状態にまで修復出来ました。
「手機械」が無い場合、本を板で挟みクランプすればよいのですが、圧力が弱いため、3日~1週間はかかります。

手順まとめ
①皺になった部分にアルコール(75%前後)を霧吹きでかける。
アイロン(高温)をかけ皺を伸ばす。
 注意:普通の水でアイロンをかけると更に酷くなり、紙もゴワゴワになってしまう。
③本が熱いうち「手機械」で締め、24時間置く。
 板で挟んでクランプの場合、3日~1週間置く。

是非お試しください。

Screenshot_20190111-170945
新規出品をしていないので、アクセス数下がっています。

1月10日
minne  お気に入り登録1 販売0

Creema お気に入り登録1 販売0

ヤフオク 
お気に入り登録0 販売0

メルカリ 
お気に入り登録0 販売0

1月4日にオーダー品の見積もり依頼と成約。

この時のお客様からのメールに「たまたまSNSで見ました」
と書いてありましたが、どう考えても記憶にありません。
2日から始めたブログを見てくれて、連絡くれたのかとも思いましたが、記事1つのブログ見て注文してくれるのは、ありえない。
ブログをSNSとも言わないですし、どうして注文してくれたのか謎でした。
お客様に「どこのSNSで見ましたか?」と尋ねれば判明しますが、見積もりのやりとり中、余計なことを聞くのは失礼かと、聞けずにいました。

もし理由が分かれば、これから宣伝していくべき有力なツールとなります。
理由が分からず、もんもんとしていましたが、ヤフーページにココナラのディスプレイ広告が。

確かに昨年の10月上旬、
ココナラの出品者に「HP、Twitterであなたの作品宣伝します」を依頼しましたが、3ヶ月も前の事。
しかしSNSといえば、この時の記憶しかありません。
ココナラに行って過去の取引から、出品者様のHP、Twitterを確認すると、何と今年に入っても1月2日と5日に宣伝してくれてるではないですか!!

Creema見積もり依頼してくれたお客様は、きっとこの1月2日のTwitterを見てくれたに違いありません。
「たまたまSNSで見ました」という謎は解けましたが、依頼者さえ忘れているのに、いまだに宣伝してくれているココナラの出品者には驚きです!どれだけ誠実なんでしょう。

ココナラで依頼した案件。オプションの「HP、Twitterであなたの作品宣伝します」も依頼しました。
ハンドメイド作品▼売れるネーミングを考えます
SNSをやってない方は依頼するのも手だと思います。


minneの直近一週間アクセス数
Screenshot_20190110-235159
半年経っても平均1日20以下では厳しいですね。


1月9日
minne  お気に入り登録1 販売0

Creema お気に入り登録1 販売0

ヤフオク 
お気に入り登録1 販売0

メルカリ 
お気に入り登録2 販売0


~1月上旬~
1月に1個も作品売れなかったら、キッパリとハンドメイド作家として生きていくのを諦めようと思います。
と先日記事をいたのでずが、正直昨年12月半ばには、ほとんど辞める決心をしていて、正月明けたらハローワークに行くつもりでした。
ただ目が悪く、年齢のこともあるので、就職は相当厳しいだろうなと思っています。
なので、1月はハローワークで就職探しながら、ハンドメイド作家として、出来ることは全力でやってみることに。
何にしても1月は決断の月です。
今年2日からブログ始めたのも、決意の一つです。
「ハンドメイド作家挫折したオヤジのブログ」とタイトル変わるかもしれませんが(笑)

~1月4日~
ハローワークの年始は4日からなので、とりあえず登録と相談に行こうかと準備をしていたのですが、
朝、Creemaよりメールが!
お客様よりオーダー品の見積もり依頼です。
商品について詳しくは書けませんが、ある品物を持ち運び出来て、展示棚にもなるキャリーケースです。
ハローワークは取りやめ、早速見積もりの作成です。
簡単な設計から材料拾い出し、原価と製作費を出して見積もり提出。
その日のうちに、注文決算をいただきました。

~1月7日~
Creemaで「手機械」が売れました!

DSCF9690

12月のボーナス月でも売れず、1月は相当厳しいだろうなと思っていましたが、
立て続けに注文が入るとは。
売れる時はこんなに簡単に売れてしまうんですね。

これで何とか、ハンドメイド作家を続けられそうです。
ハローワーク行くのは、お陰様で中止します。

数年後、もしハンドメイド作家を続けていられたら、この1月上旬の注文がターニングポイントになったのかもしれません。

ハンドメイド作家として生きていく決意をしてからの、昨年6月頃から1月上旬までの出来事や気持ちを、ざっと記事にしましたが、どうしても回想記事ですので、稚拙な文章と相まって、上っ面な記事となってしまいました。
本当は部屋の片づけ(作業場の確保)道具一つ無いところから始め、いろいろな出来事があったのですが、全てをお伝えすることが出来ませんでした。
明日からはリアルタイムで、過去の出来事も少しづつ織り交ぜながら記事を書いていきますので、宜しくお願い致します。

プロローグ終わり

~昨年12月~
11月上旬にCreemaメルマガで、作品を紹介していただき、一時的にアクセス数が増え、この勢いで11月後半、12月のボーナス月を一気に売り上げ伸ばすぞ!
と思っていたのですが、12月はまさかの売り上げ0円。販売数0でした。

多少はハンドメイド作家として生きていく自信が出てきたのに、12月でその自信が揺らいでしまい、
目が悪くても出来る仕事ないかな~と、
ハローワークや仕事探しのネット検索したりしてしまいました。

1月に1個も作品売れなかったら、キッパリとハンドメイド作家として生きていくのを諦めようと思います。
初出品より半年も経つのに月に一つも売れないなんて、あってはならないこと。
まして2ヶ月連続で売れないなら、自分の作品は世間より需要も何もない、才能も何もない事ですし、まして生活が出来ません。素直に諦めてハローワークに相談に行きます。

ただこのままでは悔しいので、現状で出来る事、売れなかった原因を分析して、出来る限りの対策をしようと思います。

勢いに乗れなかった原因
せっかくメルマガで紹介してもらったのに、尻すぼみになってしまったのは、メルマガに、紹介するとギャラリーの閲覧も増えるので、「新作の追加」や「在庫の補充」をするようにと書いてありましたが、それが出来なかった。

ちょうど次回作の材料を発注しているところで、新作をすぐ出品出来なかった。
「手機械」以外は一品物で、再販という考えが無かった。
お客様から再販希望の依頼があったのに、材料が無く製作出来なかった。

今後の対策
新作は、構想と設計、材料拾い出し、材料発注、製作と1作品を出品するまで約2週間かかります。
またハンドメイドなので一品物という考えがあり、再販を考えず、たまたま手に入った材料で再販のきかない商品を出品していましたので、これからは再販のきく商品、材料で製作。
売れた商品は需要があるという事を肝に銘じる。

商品の見直し
そもそも、商品に問題はないのか。
デザイン、クオリティ、価格など、お客様の求める商品を供給できているのか。

今後の対策
少ないながらも安定的に売れている「手機械」のような特殊商品以外は、「送料」という縛りを感じてしまい、製作したい、ハンドメイドの売れ筋商品「テーブル」等を作れないでいる。
梱包サイズが180を超えると、途端に送料が跳ね上がるので、どうしてもデザイン的に小さくまとめようとしたりして、自由なデザインが出来ないでいますので、今後はデザイン優先で製作してみる。
お客様の求める商品がそもそも分かっておらず、商品作ったから買ってくださいの押し付けになっていないか。

※コメントで商品のアイデア等ございましたら、ご教授いただければと思います。
お気づきの点ございましたら、どんな事でも良いので、お気軽にコメントお願い致します。

宣伝の大切さ
Creemaのメルマガで紹介していただいた結果を見る通り、宣伝は非常に大切だと痛感しました。
大手のサイトに出品するだけで売れるという、甘いものではありません。
ブログ、SNS、メルマガ等の告知は大切なのは認識していますが、どれも自身でやっておらず、これからやっても集客に時間がかかるので、どうしたものかと昨年10月にココナラでお金を払い、ツイッターやブログで商品を紹介してもらったり、12月下旬には
Creemaの「作品プロモーション」機能でお金をかけたりしましたが、一時的にアクセスは増えても、こういうことは継続的に続けなければ意味がありません。
そこで遅ればせながら、こうして今年よりブログを始めてみました。

まだ、初めての出品から、12月まで
過去の出来事を記事にしていますが、明日1月上旬の記事を上げたあと、リアルタイムで記事にしますので、あと少し過去記事にお付き合いください。

次回へつづく

↑このページのトップヘ